女性化乳房の手術を受けました

お胸がぺったんこに感動

男子なのにスポーツブラを着用 / 整形外科クリニックで手術することに / お胸がぺったんこに感動

乳腺切除手術が可能かを調べる検査をして、手術が可能だと診断された後に、具体的な手術のやり方を詳しく説明してくれて、納得できたので手術する事にしました。
手術当日を迎えて、まず乳腺を切除した後に、余分な胸の脂肪を脂肪吸引で取り除くと再度説明されました。
説明後に手術着に着替えて、麻酔用のチューブを刺されて麻酔が回ってくると抗う事が出来ない睡魔に襲われて意識が遠のいていきました。
手術が終わって20分ぐらい経って目が覚めた時には乳首に出血を排出させる太いチューブが刺さっていて驚きましたが、手術前にあったバストがぺったんこになってました。
脂肪吸引後の胸の圧迫器具を3日後に外し、乳首から太い中部を引き抜くと今まであった胸が無くなった喪失感と解放感に襲われました。
先生から「今まであった胸が無くなってすぐはみんな喪失感を感じるけど、時期に慣れますよ。
」と説明されました。
1か月ぐらい経つと胸が無くなった事になれて、夏場には薄着で外出できるようになりました。